子供を育てるなら戸建それともマンション?

近年、長く住んでいた一戸建てを子供世帯に譲渡し、駅近のマンションに移り住む高齢の夫婦が増えてきているとか。

その子供世帯というのは子育て真っ最中が殆ど。

幼い子持ちの家庭だと新築マンションより新築一戸建てに暮らすのがベストと思って、子供達に託すのかもしれませんね。

最近新築されているマンションは子育てサークルや支援の活動などを行い、戸建てとは違った子供の育てやすさが備わってきているもの。

とはいえ、どうしても一戸建ての方がマンションより勝る点があるのも事実。

それは音。

近頃のマンションは壁や床などの遮音率が高くなり、音のトラブルが発生しずらくなっています。

でも、子供が飛んだら跳ねたりする音が響いてしまったり、ピアノの音が漏れてしまったり…。

それ故、夜の飛び跳ね飛び降りやピアノは禁止となってしまうとのです。

それに比べ、一戸建てなら音のトラブルは発生しにくいもの。

子供が跳んだり跳ねたり、ピアノを弾いても、隣の家には窓を閉めてたら聞こえにくいです。

マンションで暮らした事がある人なら度肝を抜かれるかもですね。

又、暑い夏に庭でバーベキューや水遊びをしたり、夜には花火を満喫したり。

子供が小さいうちは、親と子が沢山接触する機会が多いもの。

この接触を気にせず思いっきり出来るのも一戸建て独自のメリット。

このメリットを経験した高齢の夫婦は、駅近てなくとも一戸建ての生活が良かったと感じ、子供世帯にもそういう生活をさせたいと考えるのですね。

この様に、子育て向きなのも新築一戸建ての最大の利点ですよ。

参考リンク・・>【http://houston-highrise.com/